創業明治26年より
京都市中京区にて電気設備工事 
を通じて明るい社会づくりを目指しています。

 

第31話 昭和初期の労務事情 その2 職業紹介所


  ある時、和歌山県出身の子供だが、今夜一晩だけでもよいから預っても
 らえないか」と職業紹介所から当店へ依頼がありました。
  事情をうかがうと、今日、和歌山から就職目的で親戚を頼って出て来た
 子供があったのですが、親戚の住所氏名を書いたメモを紛失して、駅で
 ウロウロしていたのを警察に保護されたというのです。

  今ならすぐ家へケイタイで問い合わすのでしょうが、当時家に電話もない
 ので連絡の取りようがなかったのです。とりあえず七条職業紹介所に預け
 られたのですが、紹介所では泊めるわけにもいかず、
  「困っているので今夜一晩だけでも泊めてやってもらいたい、何ならそち
  らで使ってもらえませんか」、とのこと。
  「それなら店でとりあえず泊めましょう」、紹介所の人も
  「ああ、これでひとまず安心した」となったのです。

  その子がなかなか良い子であって、結局、当店で雇うことになり、職業紹
 介所から親の家へ手紙で連絡すると、京都の親戚の人が10日程して店
 へやって来られ、どうか今後共よろしくお願いします、とのこと。その後その
 人は兵隊検査まで当店にいた、という今日考えると嘘のような話しがあった
 のです。

  その当時の休日等については又次回にお話しさせて頂きます。
  
                             (第32話をお楽しみに・・・)
  
 


Copyright(C) 1999-2012 YAMASHINA ELECTRIC CONSTRUCTION Co.,LTD