創業明治26年より
京都市中京区にて電気設備工事 
を通じて明るい社会づくりを目指しています。

 

第3話 今では考えられないお話1

  
  京都電燈の開業当時の電球は、8CP(燭光、8CP≒10W程度),16CP,
 24CP, 32CP, 50CP, 100CPの6種類で送電時間は日没より午後12時
 まででした。電灯料は16CP1個が1ヶ月1円30銭、電球代は16CP1個
 が1円35銭、寿命は大体200時間であったといわれています。
 当時の米1升が10銭弱、お酒1升が16銭〜20銭だったので、今日と比
 べ、電灯料も電球代も随分と高価なものでした。

  今では考えられないお話を2つ。
 (1)当時はそのように電灯料や電球代、工事費等が高価だったので、例
   えば隣同士で16CPの球を2個シーリスで使うのが流行りました。2つ
   をシーリスで使うと一つが8CPよりもうんと暗くなりますが、それでもラ
   ンプよりはまだ明るいのです。それで満足でしたし、又工事費電灯料


   とも半分で済んだのです。
    大正時代の小学校の教科書に、「電灯はランプと違って部屋の隅々
   まで明るく・・・」とあったそうです。
 (2)電球が切れた時の損害保険も有ったようです。
   
  又、電球を使えば毎日のホヤの掃除が助かりました。しかし、山科電機
 工場でも、明治26年12月にランプが壊れ、ホヤを一組買った記録が有り
 ます。一組13銭と書いてあります。尚、28年にも有ります。電気屋でも電
 気と石油ランプが同居していた時代があったことが判ります。
                              (第4話をお楽しみに・・・)

 


Copyright(C) 1999-2012 YAMASHINA ELECTRIC CONSTRUCTION Co.,LTD