創業明治26年より
京都市中京区にて電気設備工事 
を通じて明るい社会づくりを目指しています。

 

第1話 日本ではじめての電灯アーク灯

  
   日本ではじめて電灯が灯ったのは、明治11年3月25日であります。
  これは電信中央局が開局祝宴会を工部大学校のホールで催した時、当
  時の工部卿伊藤博文の要請で、会場の照明を電気で行うことになったも
  のです。工部大学校は東京大学工学部の前身で、点灯の指揮者はエアト
  ン教授といい、手伝ったのは電信科の3期生とのことです。
   使用したのは電池を50個シーリスにしたアーク灯(フランス製)で、点灯
  はしましたが、しばらくするとフィラメントがシューと音を立てて焼き切れま
  す。それを5〜6回繰り返し、ともかくめでたし、めでたし、これがわが国初
  めての電気による照明です。わが国ではこの3月25日を今日まで記念し
  て「電気記念日」としています。なお、この時、会場にいたご婦人の顔が全
  部土色に見えたと言われています。
                              (第2話をお楽しみに・・・)
 


Copyright(C) 1999-2012 YAMASHINA ELECTRIC CONSTRUCTION Co.,LTD