創業明治26年より
京都市中京区にて電気設備工事 
を通じて明るい社会づくりを目指しています。

 

意外と電気代が安くなります!

  誘導灯はご存知でしょうか?誘導灯とは、消防法で定められ、多数の人が集まる
 所で火災その他不慮の事故で停電した時、居合わせた人々が速やかにかつ安全
 に避難できるように、非常口や避難経路を示し、経路をはっきり照らし出す照明器
 具です。

  この誘導灯本体は小さな消費電力ですが、24時間365日(年間8760時間)点灯
 しており、実は意外と【電気代+ランプ代】がかかっているのです。

 例ば、写真の20Wタイプ(消費電力23W B級BL型)なら1台で年間約4,634円
 (電気代は23円/kWhで計算)と蛍光ランプ代(寿命8500時間)がかかり、設置台
 数が多ければ、ランプ交換の手間も大変なのです。

  しかし最近、高輝度のランプが開発され、消費電力が23Wから6W、ランプ寿命
 が60,000時間と、省エネ・省メンテが可能
になりました。

 従って、既存の誘導灯が古くなってリニューアルする場合は器具交換するだけで
  電気代が3分の1下がり、かつランプ交換も7年毎と経費削減
に大きく役立ちます。

 現在、新築建物にはほとんどこのタイプが取付けられており、皆さんもこれからは
 新しい器具を見かけることになります。
 誘導灯が古くなり、省エネ・省メンテをお考えなら、是非交換されることをお勧めし
 ます。

誘導灯<改修前>

誘導灯<改修後>

 


Copyright(C) 1999-2012 YAMASHINA ELECTRIC CONSTRUCTION Co.,LTD